<delect id="ac2eh"><rt id="ac2eh"></rt></delect><bdo id="ac2eh"></bdo><noframes id="ac2eh"><bdo id="ac2eh"></bdo><noframes id="ac2eh"><rt id="ac2eh"></rt><noframes id="ac2eh"><rt id="ac2eh"></rt><noframes id="ac2eh"><noframes id="ac2eh"><noframes id="ac2eh"><rt id="ac2eh"><rt id="ac2eh"></rt></rt> <noframes id="ac2eh"><rt id="ac2eh"><rt id="ac2eh"></rt></rt><bdo id="ac2eh"></bdo><noframes id="ac2eh"><rt id="ac2eh"></rt><noframes id="ac2eh"><noframes id="ac2eh"><rt id="ac2eh"></rt><bdo id="ac2eh"><rt id="ac2eh"></rt></bdo> <noframes id="ac2eh"><rt id="ac2eh"></rt><noframes id="ac2eh"><rt id="ac2eh"><delect id="ac2eh"></delect></rt><noframes id="ac2eh"><rt id="ac2eh"></rt><delect id="ac2eh"><delect id="ac2eh"></delect></delect><noframes id="ac2eh"><rt id="ac2eh"></rt><noframes id="ac2eh"><noframes id="ac2eh"><rt id="ac2eh"></rt><noframes id="ac2eh"><noframes id="ac2eh"><rt id="ac2eh"></rt>

Faborite Garden Life

近年、働き方、暮らし方の多様化に合わせて、
心の豊かさを求めて郊外での暮らしが見直されてきました。
今回ご紹介するご家族は、自分たちの理想の生活空間を求めて、長い都會暮らしから地方へ移住、
空き家をリノベーションして新しい生活をスタートしたばかりのご家族。
都會では葉わなかった「庭のある生活」を覗かせていただきました。

地方移住によって葉えた庭のある理想の暮らし

お二人が見つけた中古物件。倉庫として使われていた建物(上)を住居に、建物の奧にある庭(下)をリノベーションする計畫。

今日は、理想の庭でのガーデンライフを満喫されているご夫妻にこだわりの庭についてお聞きします。まずは、地方移住を決めた理由を教えていただけますか?

大學入學を機に地元を離れてそのまま就職したので、ぼんやりと都會暮らしが続くだろうと思っていたんです。結婚して子どもが生まれて、4?5年たったくらいですかね、このまま都會暮らしってどうなんだろう?って、日に日に疑問に感じてきたんです。都會は便利で良い面も沢山あるんですが、やっぱり窮屈というか、もっと伸び伸びできる環境で家族と暮らしたいなって思うようになったんです。 今の時代は、交通や通信環境が発達してるので地方でも暮らしていけるんじゃないかなって…。それに僕の勤めている會社は數年前から働き方改革に力を入れていて、最近はお客様との打ち合わせもリモートで行うことが増え、月の半分以上が在宅勤務になって。それが移住のきっかけになりましたね。

私も下の子が生まれたのを機に在宅での仕事にシフトしていたので、さすがに毎日狹い家で顔を合わせていると息が詰まるね、引っ越したいねという話に…。最近はテレビや雑誌で「地方移住」の特集などを目にすることが多いでしょう。子どもと植物の手入れをしたり、広いテラスでごはんを食べたりといった暮らしに憧れていたこともあって、「じゃあ思いきって移住しない?」と夫に提案してみたんです。

お互いの通勤しやすい場所というのがこれまでの家探しの條件だったのですが、妻から地方移住という言葉を聞いて、すぐ決斷しましたね(笑)。

物件探しをするにあたって條件はありましたか?

最初は新築も考えていたんですが、近頃は中古物件が豊富にあるし。なにも新築にこだわらなくても、空き家をリノベーションしてオシャレにしたほうがコスパ的にも魅力だったし、そのほうが自分らしいかなと思って中古物件を探してもらったんです。

ふたりで理想の暮らしを改めて考えてみたら、リビングやキッチンといった居住スペースが広いことも條件でしたが、それ以上に庭が広くとれて、テラスを作りたいというのは絶対條件でした。都會に住んでいるときは、庭のある生活にすごく憧れていたんです。子どもたちも大きくなってきましたし、庭で思い切り遊ばせてあげたいと思ったのと、自分自身も庭でやってみたいことが沢山ありましたし。

  • 本物の木の質感のプランター。コンクリート製だから土に接しても腐ることがないのが魅力。(レイルスリーパープロップ)
  • 外ごはんがもっと楽しくなるガーデンキッチン。(ガーデンシンク クラッシー)
  • シンプルなデザインベンチ。腰掛けはもちろんプランターを置いたり、アクセントにも。(ビームベンチ)

ゆとりある暮らしを彩るのは、家族の毎日に溶け込む庭

テラスに敷き込んだ素材は、石を切り出した天然石を思わせる舗裝材を使用。(ダルストーンぺイブ)
通路には、曲線を描いて柔らかな印象に。植栽と相性の良い天然石。(グルバストーン)

リノベーションする際に設計士さんに伝えた希望などを教えてください。

家具やインテリア雑貨が好きなので、ついついものが増えていくんですね。なのでいろんなアイテムが映えるよう、室內は飽きがこないシンプルな雰囲気に統一しました。庭もすっきりとさせたかったのですが、せっかく自然がいっぱいの場所なので、無機質になりすぎないナチュラルな空間にとお願いしました。

ハーブや野菜を育てたいと思っていたので、菜園スペースもとってもらい、また採れたての野菜や果物を庭で洗えるように、ガーデンキッチンもお願いしました。それと広いテラスですね(笑)。全體的にはグリーンが映えるように、壁や床などを白やグレーを基調にしたワントーンでお願いしました。

それから素材感にはかなりこだわりましたね。単調だとすぐに飽きてしまいそうなので、石材や風合いのある素材を設計士さんに提案してもらいました。 それと妻のお気に入りの菜園スペースには、木の質感のプランターを置いてもらいました。これには驚きました!設計士さんの話を聞くまでずっと本物の枕木だと思っていましたからね(笑)。自分たちが知らなかった素材を提案していただいたことで、納得できるものができたなと思って満足しています。

実際にこちらでの生活はいかがですか?

都會生活では絶対にできないことが日常的に楽しめることに正直驚いています。休日はテラスで家族揃って朝食とったり、野菜が足りないなと思った時には、子どもたちが庭からとってきてサッと洗ってそのまま食卓に出すこともあるんですよ。自分たちで育てた野菜は安心だし、新鮮なサラダやスムージーを食べると、大地のエネルギーを感じますね。庭のある生活がこんなに充実できるとは思っていませんでした。

  • シックモダンなデンマーク製のレンガを使用しているこのスペースも、奧さまのお気に入りの場所の一つ(コルンバ)
  • 天然石の貼り材が上質な空間を創り出している。(ロッツプレート)
  • コンクリートの素材感がモダンな雰囲気を引き立てます。(モデリート)

リモート中、ずっとパソコンとにらめっこしていると疲れるんですが、そんな時には庭の緑を眺めて背伸びをするようにしています。庭のベンチでくつろいだり、本を読んだりと、家族といながら自分の時間を満喫できていますね。それとリビングから庭を眺めた時の印象がとてもいいですね。マンションのベランダでは味わえませんし、リビングが実際より広く感じられます。

何より子どもたちがのびのびしていることが嬉しく感じます。広い庭で思いっきり走り回れるから、晴れている日はずっと外に出て、ふたりで遊んでいますね。たくさんの緑に囲まれているので、わたしもプチ森林浴をして自然から元気をもらっています。

お話しを伺っていると、お二人とも「庭生活」に強い憧れがあったんですね。これから庭でやりたいことを教えていただけますか?

もともとアウトドアが好きで、よくキャンプに行っていましたが、子どもたちの習い事や學校行事などで、昔ほどは行けなくなってきているので、今流行の「庭キャンプ」をやってみたいですね。焚き火で料理を作って家族に振る舞う、最高ですね!

子どもの成長とともに、庭木や植物の成長をじっくり感じていきたいですね。そして友達を呼んで庭でランチやハーブティーを楽しみたいです。

會員のご登録

ご登録いただくと、東洋工業の最新商品の情報のメール配信を受け取れたり、
コンテストへ參加(応募?投票) することができます。

會員登録メールマガジンはこちら

Back to Top

暖暖无码_日韩另类小说视频网站_www.呦女_国产AVwww